ヤモリ這う木のコーヒードリップスタンド

akaitori laser craft 木製のコーヒーブリューワースタンドで入れるドリップコーヒー

今年から販売を始めたコーヒブリューワースタンドに新たにSサイズが加わりました。

ご家庭でもハンドドリップでコーヒーを楽しむことが定着し、サーバーではなくマグカップに直接ドリップする方もいると知り、コーヒー1〜2杯用の一回り小さいサイズのドリップスタンドを作ってみました。

デザインもalcの人気モチーフであるヤモリに一新。逞しいヤモリがバッチリと木壁に貼り付いています。気に入っていただけると良いのですが。

我が家でも毎日、年代物のミルで豆を挽いてドリップコーヒーを楽しんでいます。

焙煎済みの豆を購入し、挽き方や入れ方は一定にして、豆の種類を変えて味の違いを楽しむというスタイルです。

 

つまみ食いした知識をもとに、豆30gにお湯450g、湯温は85℃前後(ヤカンでお湯を沸かして、湯気が出始めたら火を止め、コーヒードリップ用のケトルに移してしばらくすると、85℃前後になるようです。)。ペーパーフィルターは粉を入れる前に一度湯通しし、同時にそのお湯でサーバーを温めています。

まずお湯100gほどを粉全体にかけて、30秒ほど蒸らす。その後は粉がドーム状に膨らむまでお湯を回し入れ、ドームが崩れる手前まで膨らんだら、以降は中心部に真っ直ぐ一定の湯量で注ぐという方法です。

 

挽き方や入れ方を一定にすると、豆による粉の膨らみ具合の違いなどがよくわかります。豆に合わせて挽き方や入れ方を調整するのが本来なのでしょうが、まずは基準を作ろうということで、こんな感じでドリップコーヒーを楽しんでいます。