所沢ハンドメイドの雑貨市

alc木のノートブック

所沢ハンドメイドの雑貨市が無事終了しました。

今回のイベントには、100人の手づくり作家が参加していました。

 

小学生の女の子にご自分のお小遣いを使って、ノートブックをお買い上げいただきました。

彼女のお財布はほとんど小銭だけになってしまいましたが、十分思案した上での決断でしたので、ありがたくご購入いただきました。

ご自分だけの素敵なノートに育てていってほしいと思います。ありがとうございました。

 

何種類も展示されたノートブックの中から、彼女が選んだのが上の写真のものです。

つぶつぶ飾り

今回のイベントには、100人の手づくり作家が参加していました。その中のお一人の作品です。

 

小さなフェルト状の玉をいくつも接着して独特のパターンを作る作品。面白いアイデアだと感心します。

 

しかし、失礼ながら、小さな小物がほとんどで、私には少し物足りないと感想を申し上げました。

「面積が大きくなると、作業が大変なのです」と、作者の弁。確かに。

 

フェルトのブーツ

別の作家の作品ですが、こちらもフェルト。小さなフェルトのブーツ。

飾り棚のアクセントに展示用の小物を探していた私にとって、この作品はぴったりだと思いました。

 

色も形もいい。しかし、残念。少し大きすぎました。

手づくりフェルトは、使用する羊毛の種類によって、感触や柔らかさが違うそうです。

レーザー加工の対象に、フェルトを考えている私のとって、ありがたい情報でした。